昨今のドローン問題について

2015年5月22日  

半年ぶりのご無沙汰でございます。

ここ最近ドローンに関連する話題がニュースを騒がせていますが、新しいオモチャを間違った使い方で問題をおこし、法規制がされるのは何も今にはじまった事ではありません。モデルガン・エアガンなどはまさにそれの繰り返しの歴史でした。

そもそも米軍がドローン、無人航空機をアフガニスタンやイラクなどで実戦投入し、誤爆も多いとはいえ成果を挙げている現状を鑑みれば、各国も無人機の導入・開発を進めるのは当然であり、急速に進む技術に法整備が追い付いていないのは世界共通です。
そのようななかで首相官邸でセシウム入りの容器を搭載したドローンが・・・

・・・・だめだ、ペラッペラな文章しか書けない・・・・・・・・・・。




改めまして、半年ぶりのご無沙汰でございます。
この度TRIPOD DESIGNが制作販売する「ドローン進入・撮影禁止ステッカー」!
市販のポールチェーン看板に貼り付けて、私有地や公園などでドローンの飛行に注意を促す。手持ちのプラカードに貼りイベントの際にドローンの飛行に注意を促す。ご自宅のベランダに貼り・・・・と、あらゆる場所でドローンの飛行・撮影に注意喚起できるステッカーです。
これから夏へ向けて開放的になり、「暑いし、ドローン飛ばしちゃおっか!」みたいな人々に対応できる「ドローン飛行・撮影禁止ステッカー」を皆様にもご購入いただければ幸いでございます。

特設サイトはこちらから
drone_banner.png




追記:大分経済新聞さんの2015年6月1日付の記事でステッカーを取りあげていただきました。






PAGE TOP ↑

最新の記事

アーカイブ